実行できるか⁈モンテッソーリ教育>_<

スポンサーリンク

img_1450

昨日は清水町にある金沢キッチンさんへ、モンテッソーリ教育の講座の2回目に行ってきました^_^

やはり体感温度が低めの場所。

でも冬は冬で子どもはいい体験できるんだろうな>_<

目次

今日は実践編☆

少し慣れた道を飛ばしてほぼ時間ぴったりにお店に着くと、1回目と同じメンバーとお子さま2人。やはり、友達の家に遊びに来たくらいの暖かな雰囲気^_^

時間通りに講座が始まり、気がつくと前回とは違う準備がしてある。子どもの遊び場コーナーの設置例☆

「私が一人でできるように手伝ってください」

子どもは常にこう言っているというモンテッソーリの理論。その理論にそったオモチャの提示方法。

・子どもが自分で取れるところに、

・自分で運べるように、

・色を統一させた集中できる空間

を提供する。

上の写真でわかるように、最近はやりのギラギラしたオモチャとは正反対。「教室」みたいな雰囲気ですね。実際、どこぞのモンテッソーリ教育の幼稚園とかで行われているような形を再現したとのこと。

教えて下さった先生は、ひっそりと講師活動されているとのことで紹介はできませんが、本場のイタリアに学びに行ったそう。その表現が、「遊び」でなく「作業」なんですね。モンテッソーリ教育の幼稚園の写真や動画を説明してくれる時、「年長さんが一人一人机に向かって作業していますね」という感じ。私の中にある幼稚園・保育園のイメージとは全く違う、不思議な雰囲気。保育士さんが誰も大きな声を張り上げておらず、それどころか子ども達も大きな声を出している子や泣き叫んでいる子が見当たらない。何かに集中している。これでもかというくらいのたくさんの種類の「作業」が、子どもの目線の棚に一種類ひとつをトレーにのせてある。自分でトレーごと机に持って行き黙々とのめり込む。終わると待っている子のために、自分で元の場所にトレーごと戻しておく。実に楽しそうに集中しているのが子ども達の前のめりの姿勢から伝わってくる。食事の前には15分ほどの食育が行われるというが、おかずを前にして自ら積極的に食材の分類をする。イヤイヤとか、ガマンしてるー>_<という感じにも見えない。

なぜ「作業」か。「遊ぶ」というよりは、生活の中で行われるごく当たり前の行為を、自分で出来るようになっていくことを楽しみ、その結果自然と必要な能力が発達していった、という感じなのかも知れない。モンテッソーリ教育におままごとはないのだそう。食器を運ぶ、雑巾を洗う、片付けをする、などのことを1歳半くらいから自分で行えるように、大人が工夫をこらして環境を整える。子どもはそれを楽しみながら、お皿をシンクに持っていく→お皿を洗う→お皿を片付けるというふうに段階をおって出来るようになっていく。生活の力を養うことから「作業」という表現になったように感じる。それも暖かな響きの「作業」^_^

最後に、「自宅で同じことは出来るもんじゃないから、この3分の1くらいのスペースで設置してみてください。そして、これはこれとしてあまり固執せずに、ブレずにご自分の育児をされてください^_^」という肩の力が抜ける言葉で締めくくられました(T_T)

ひとつひとつのオモチャや教具、作業の内容はまたの機会に書くとして、取り入れたいことはたくさんあったけど、日々の生活の中で実現できることは微々たるもの(-_-)最後の先生のことばを自分に言い聞かせながら、出来ることをひとつずつするしかないかな。気をそらせるための派手派手しいオモチャをその場しのぎに何個も買うよりも、ちょっと時間と手間を使って、生活の力がつけられて子どもも楽しい「作業」を用意するほうが、結果的には心地よい毎日に効率よくつながることは想像てわきる。

今日の講座に付いていたランチは、デザートのサツマイモプリンまでふんわりと安心な味付けでした。

 

子供の潜在能力を101%引き出すモンテッソーリ教育【電子書籍】[ 佐々木信一郎 ]

価格:702円
(2016/11/1 15:24時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

この記事の著者

やさぐれ仏師

やさぐれ仏師

仕事→整体師
家庭→双子の母
趣味→始めたばかりの仏像彫刻、読書、

めんどくさがりの性格を活かし(?)、仕事、育児、家事、趣味、全てにおいて効率を追い求める整体師です。
色々な場面で試行錯誤してきた効率up法を、思い出すままに綴ります。
現在、双子育児を心身ともに軽やかに乗り切るため、様々な勉強・体験を通し、目下ふにゃふにゃの柔らかな身体を目指しております。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る