ゾウ足を自力で脱出🐘⁈

スポンサーリンク

img_1429

初めまして☆

効率最!重視の整体師です^_^

健康第一…健康になるにも維持するにも時間とお金がかかったりして〜( ̄ー ̄ )

なので、私のめんどくさがりの性格をいかして、健康面以外にも美容や勉強、双子育児など、社会的には全く何の力もない女が試行錯誤してみた効率生活、体験記を等身大でつづっていきます。

少しでもお役に立つことがあればなと思うのですが♪

目次

時間をつかって、お金を使わずに効果をだす★

  1. もともと文系まっしぐら、運動の苦手な私は体力がなく風邪もよくひき、社会人になってからは夕方16時になると必ず頭痛がし始めるという、不健康の階段を順番に着々と登っていました。年齢が若い時はある程度なんとかなるもんで、やはり年々蓄積してからヤバイと実感する、よくあるパターン(-_-)それでも唯一ある財産、時間を有効に使うことなく遊びにいそしんで、さらに蓄積(T_T)時間がなくなって体力がなくなるのではなく、体力が削られていった結果元気に動ける時間がなくなった感じ。
  2. ましてや金力もなかった社会人になりたての頃、思い出せる一番最初の「効率生活」かも知れない、「脚やせ効率生活」にせまられました(>_<)それまでパンツしか履いたことのなかった全く女らしさのない私は、制服以外に初めてと言っていいスカートの試着で驚愕の現実を目の当たり…(-_-)何と立派なゾウ足(T_T)これまた履き始めたばかりの、その当時流行っていたミュールとスカートと私のゾウ足の出会い…悲惨´д`
  3. 社会人になってから、体力のなさにうんざりしながらも、特に何の努力もせず。それがそのまま身体に出てる状態(-_-)当時は健康よりも見た目の問題で効率生活が始まりましたね。
  4. エステ、ジムは金額が無理(-_-)運動は意志が無理(°▽°)ゾウ足を隠せる服やヒールの高いパンプスを買い足すのももったいなくて嫌(-_-)今あるミュールと、膝丈のスカートをムダにしたくない★そこで始めたのが、「仕事中にながらエクササイズ」不真面目な従業員ではなかったので、一生懸命仕事しながら、踵上げ下げ☆家に帰ってしまうと疲れて全くヤル気がないので、とにかく仕事中だけ。立ち仕事だったのが幸いしましたね。まあ、立ち仕事ゆえむくみが溜まる一方で改善には時間がかかりました。お金と時間の節約には効率が良かったのですが、年月がかかった分、私のような重症の人にはオススメ出来ない効率順位です(-_-)
  5. そう。稀に見る重症度だったようです。当時は健康どころか、美容にも興味持ち始めたばかりの女初心者の私( ̄ー ̄ )ゾウ足がどうやって出来上がったのか全くわからず、それどころか生まれ持ってのゾウ足だと信じてた(°▽°)エステのバイトも本業と同時にしていたので、施術の練習台になることがあり、恥ずかしげもなくひざ下を出すと、店長「ひどいよ…Σ(゚д゚lll)?」呆れ切った感じで。
  6. 結果、あれから10年経って考えてみると、重症の人にはまず他力をオススメします( ̄ー ̄ )変化の実感ぎ出てきたら自力へ変更。使ったお金はムダにしないように、自力に変更してからは毎日と言わず1日に何度でも踵上げ下げ、叩いたり流したり☆そのうち頻度が一日置き、2.3日に一回、週末だけと減らして行けます。これが効率一番!軽症の人は、かつての私のように、一日中踵上げ下げしましょう(-_-)
  7. そして現在。なんと脚は人並み以上に細くなりましたo(`ω´ )oが、紆余曲折があっての今なので、またぼちぼち…今は目下、ふにゃふにゃの、いらぬ緊張の取れた身体を目指し試行錯誤しております。ふにゃふにゃになれば、肩腰のコリからくる頭痛や倦怠感、イライラや風邪っぴきともおさらば、胃腸すらよくなり食事も一日3度楽しく、ごきげんな効率生活がスムーズに送れるはず!がんばろ☆

スポンサーリンク

この記事の著者

やさぐれ仏師

やさぐれ仏師

仕事→整体師
家庭→双子の母
趣味→始めたばかりの仏像彫刻、読書、

めんどくさがりの性格を活かし(?)、仕事、育児、家事、趣味、全てにおいて効率を追い求める整体師です。
色々な場面で試行錯誤してきた効率up法を、思い出すままに綴ります。
現在、双子育児を心身ともに軽やかに乗り切るため、様々な勉強・体験を通し、目下ふにゃふにゃの柔らかな身体を目指しております。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る