第14話-40代の私が体外受精で2人目の子が授かるよう不妊治療を開始した話

スポンサーリンク

毎週日曜日更新

移植日当日に、クリニックに電話。

対応していただいた受付の方より、
「細胞が分裂していたので、今日移植できますよ。」
と連絡をうけました。

ひとまず安心。

本日、2人目不妊治療を始めて、3回目の移植となります。

 

目次

スポンサーリンク

今日の移植者は8名

クリニックに到着すると、すでに2人のベビマチさんが部屋で休んでいました。

看護師さんから、ガウンと休む部屋を案内されました。

「私は、3番目だね。」

トイレを済ませて待つこと30分。

看護師さんから呼ばれ、自分の移植の順番がまわってきました。

手術室へ入る

いつものように、先生、培養士、看護師2名がスタンバイしていました。

看護師に案内されながら、ベッドに横たわる。

ここまでの一連の流れは、採卵であろうが移植であろうが毎回同じです。

消毒した後、カテーテルを入れて、移植が始まりました。

看護師:「あそこの画面に、卵が映るので見ていてくださいね。」

画面には、細胞分裂した初期胚が映っていました。

そして、培養士さんが、私の初期胚をシリンジにて採り、先生に渡しました。
先生によって、移植開始。

胚移植時間は、手術室に入って終わるまで、わずか5分くらい。

あっと言う間に終わりました。

部屋に戻り休む

移植後に看護師さんから、

「30分ベッドで休んでから、帰宅する準備をしてもいいですよ。」

と言われました。

いつもは、30分スマホで調べ物をして過ごすのですが、

今回は、プライムビデオでダウンロードした韓国ドラマを見ながら過ごしました。

プライムビデオがついているアマゾンプライムとは?

アマゾンプライムとは、年間3990円もしくは、月間400円払えば、

・ビデオ見放題
・音楽聞き放題
・送料が無料
・まとめ買いすると特別割引

など、お得ですぐに元がとれちゃうアマゾンのとても便利なシステムです。

FireTVのスティックを購入すれば、自宅のテレビでプライムビデオやYou Tube、Huluなど見れますし、プライムミュージックを聴くこともできます。
もちろん、Wifiの環境がないとダメですよ。

今回の移植はリラックスできました

なんだか、気持ち的に余裕のある今回の移植。

いや、余裕があるのではなくて、

余計な期待をしないようにしようと決めたから、

気持ちが焦ってないんだと思います。

ベッドに30分休んで帰宅するつもりが、

寝落ちしてしまい50分近く横になっていました。

「なんだ、この余裕は?」

着替えをして帰宅準備

身支度をして、ナースセンターに寄りました。

看護師さんと、次回妊娠判定日のスケジュールを聞き、

それまで服用し続けるデュファストンというホルモン剤をもらいました。

次、クリニックに来るのは、約2週間後。

それまで、移植のことは考えず、

ストレスのない生活を送りたいと思います。

 

妊活中のベビマチさんは、下半身を絶対冷やしちゃダメ!

お尻の形をした湯たんぽ。
これだと、骨盤周りをすっぽりと
包み込み、下腹部や腰回りを
十分あたためることができます。

天然よもぎ100%の専用パッドを
入れればよもぎハーブ効果で、
リラックスできますよ。

助産師監修の妊活アイテム

これからの寒い季節に
大活躍間違いなし。

5,122円より

妊活サプリメントの代表は葉酸!

なぜ妊活に葉酸なのか?

厚生労働省は、妊娠を計画している女性に、400㎍の葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸は、フカフカで厚い子宮内膜をつくるサポートをするため、卵子と精子が授精した胚(受精卵)が、「着床」することを促すと言われています。

また、血流がよくなるため血液で運ばれる栄養や酸素が着床後の受精卵の成長に関与するとも言われています。

ベビマチさんに人気の葉酸サプリ

こちらのベルタは、

雑誌「赤ちゃんが欲しい」や「妊活スタイル」に

紹介されたり、楽天市場の「マタニティ・ママランキング」で

1位を取得するなど女性に絶大な支持を得ています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら、ポチっとしてもらえると

不妊治療を続けることのはげみになります!

スポンサーリンク

この記事の著者

CONOまま

CONOまま技術系会社員

外資系企業で、技術系専門職として働く、CONOままです

夫婦で我が子の語学学習に関して、前向きに調査中

語学習得には、日本語も大切な言語のひとつ
子供とたくさんコミュニケーションすることが、日本語習得の近道と考え、布おむつ育児⇒おむつなし育児を実施中⇒おむつなし育児終了しました

2016年生まれの娘は、0歳10ヶ月から保育園へ通いはじめ、現在最年少クラスに在籍中。

当ブログは、娘の「育児・教育」及び私達家族のことについて焦点を当てたものです。

楽しんで読んでいただければ、うれしいです♪

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る