第10話-40代の私が体外受精で2人目の子が授かるよう不妊治療を開始した話

スポンサーリンク

毎週日曜日更新

 

前回の移植から、2週間が経過。

子宮内のホルモンを安定させるため、

毎日食後にクロミッドというホルモン剤を忘れずに飲み続けてきました。

さて、前回のブログでは、
「なぜか、今回は、うまくいくような予感がします」
と、堂々と宣言したのですが…

目次

スポンサーリンク

妊娠判定日

 

今日は、移植した初期胚(受精卵)が

着床しているかどうかを確認する日でした。

言いかえると、妊娠したかどうかを判定する日。

ここで、着床が確認されると、妊娠4週目になります。

 

午後が休診のため、

午前の早い時間にクリニックへ行きました。

クリニックが開いてまだ、

10分程しか経っていないにもかかわらず、

待合室にはすでに20人近くの人がいました。

「今日は、えらく人が多いな…。あ、土曜日だからか。」

診察

受付を済ませて、1時間半近く待ったころに、

ようやく私の診察の順番がきました。

先生:「さぁ、移植から2週間経ちました。うまくいっているといいですね。まずは、内診します。」

超音波による内診をおこないました。

ここでは着床しているかどうか確認するわけではなく、移植した子宮に異常がないかを確認します。

先生:「この辺が、移植箇所です。」(画面に映った子宮に○を描く)

私:「はい。」

先生:「では、血液検査をしますから、処置室へ入ってください。」

いつものごとく、腕に注射針を刺し、

血を採られました。

この血液検査で、ホルモン値を調べ、

妊娠していると出るホルモンが

出ていないかを確認します。

血液検査結果待ち

血液検査の結果が出るまで1時間。

本当、この時間が退屈で憂鬱です。

しかし今回は、妊娠の期待があったので、

ワクワクの気持ちが止まりませんでした。

待合室に戻ると、見たことある顔が…

会社の元同僚でした。

彼女も、私と同じような時期に不妊治療を始め、

1人目妊娠のためがんばっているところです。

彼女は、不妊治療中に1度、流産を経験していて、

とても辛い経験をしています。

私は、心から彼女に

子供が出来てほしいと願います。

 

血液検査の結果は…

1時間半程待ち、私の順番がきました。

診察室に入り、再度先生とのお話。

先生:「さて、血液検査の結果ですが…」

自信満々でしたが、心臓がバクバクしました。

私:(先生の口調が、あまり明るくないな…)

先生:「1人目の子と同じ時に採卵した、卵での移植でしたが、残念ながら着床はしていませんでした。」

根拠のない自信でしたが、

期待しただけにとても、ショックでした。

顕微授精した方がいいの?

先生:「前回採卵した卵、受精がみられなかったので、

保管している受精卵がありません。

また、採卵からやるなら、

今度は顕微授精も考えた方が良いかもしれませんね。」

とても、複雑でした。

顕微授精といえば、不妊治療の最高峰。

まさか、私がここまで考える必要が出てくるとは…

やはり、年齢には逆らえない歳になっているのでしょうか。

止まっている暇なんてない

気持ちを切り替えて…

私は妊娠に関して、年齢的に不利なため、

いちいちくよくよしている時間の余裕がありません。

今回は、とても残念でしたが、

気持ちを切り替え、また、採卵から

がんばっていこうと思います。

妊活中のベビマチさんは、下半身を絶対冷やしちゃダメ!

お尻の形をした湯たんぽ。
これだと、骨盤周りをすっぽりと
包み込み、下腹部や腰回りを
十分あたためることができます。

天然よもぎ100%の専用パッドを
入れればよもぎハーブ効果で、
リラックスできますよ。

助産師監修の妊活アイテム

これからの寒い季節に
大活躍間違いなし。

5,122円より

妊活サプリメントの代表は葉酸!

なぜ妊活に葉酸なのか?

厚生労働省は、妊娠を計画している女性に、400㎍の葉酸を摂取することを推奨しています。

葉酸は、フカフカで厚い子宮内膜をつくるサポートをするため、卵子と精子が授精した胚(受精卵)が、「着床」することを促すと言われています。

また、血流がよくなるため血液で運ばれる栄養や酸素が着床後の受精卵の成長に関与するとも言われています。

ベビマチさんに人気の葉酸サプリ

こちらのベルタは、

雑誌「赤ちゃんが欲しい」や「妊活スタイル」に

紹介されたり、楽天市場の「マタニティ・ママランキング」で

1位を取得するなど女性に絶大な支持を得ています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら、ポチっとしてもらえると

不妊治療を続けることのはげみになります!

スポンサーリンク

この記事の著者

CONOまま

CONOまま技術系会社員

外資系企業で、技術系専門職として働く、CONOままです

夫婦で我が子の語学学習に関して、前向きに調査中

語学習得には、日本語も大切な言語のひとつ
子供とたくさんコミュニケーションすることが、日本語習得の近道と考え、布おむつ育児⇒おむつなし育児を実施中⇒おむつなし育児終了しました

2016年生まれの娘は、0歳10ヶ月から保育園へ通いはじめ、現在最年少クラスに在籍中。

当ブログは、娘の「育児・教育」及び私達家族のことについて焦点を当てたものです。

楽しんで読んでいただければ、うれしいです♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る