第3話-40代の私が体外受精で2人目の子が授かるよう不妊治療を開始した話

スポンサーリンク

2人目妊娠のため、ムスメが1歳になった日から、不妊治療再開。

先週は、1人目の時にできた凍結胚を子宮に移植する処置を実施しました。

妊娠判定日当日を迎え、朝からソワソワ。

目次

朝1番にクリニックへ

この日は、午後休診日だったため、朝一にもかかわらずたくさんの人。

 

「こんなにたくさんのベビ待ちさんがいるのか…」

少し、心強くなります。

待合室には、様々な理由で不妊治療を受けている人がいるため、いろいろな人が診察の順番を待っていました。

 

「旦那さんと一緒なのかな?」

「私よりも年齢上っぽいよね?」

「子供連れてる。2人目かな?」

 

などなど…

妊娠判定の検査のため診察室へ

受付後、待合室にてしばらく待ったのち、自分の番号が呼ばれました。

先生より指示された診察室へ入り、超音波による内診。

モニターに映し出された厚みのあるフカフカの内膜を見せてもらいました。

しかし、移植した胚が着床しているかどうかは、この内診ではわからないので、続けて採血のため処置室へ向かいました。

血液検査によりホルモンの値を検査して、妊娠判定。

「結果が出るまで、1時間程かかるので待合室で待っていてください。」

(この待っている時間が苦痛なんだよね…)

この間に、今回の不妊治療の支払いを済ませました。

凍結胚保存費と体外受精治療費をあわせ、約¥190,000お支払。

妊娠判定の結果で再度診察室へ

番号呼ばれて、診察室へ入りました。

「ホルモンの値が、少し低いみたいです。着床したかもしれないけど、ここまでふんばれなかったみたいだね。今、処方されているお薬は、もう飲まなくてもいいですよ。」

先生、たくさんのベビ待ちさんの対応しているので、できるだけショックを和らげるように、言葉を上手に選びながら、着床していない事実を説明してくれました。

 

2人目であろうが、何人目であろうが、妊娠が成立しなかった事実を聞く瞬間が毎回辛いです。
「流産とかだと、もっともっと辛いんだろうな…」
妊娠判定日、その時その時で、いろいろな事が頭をよぎるのですが、今回は、娘の顔が頭をよぎりました。

早く妹か弟を作ってあげたいな…

いや、作るぞ!

妊活サプリメントの代表は葉酸!

なぜ妊活に葉酸なのか?

厚生労働省は、妊娠を計画している女性に、400㎍の葉酸を摂取することを推奨しています。

 

葉酸は、フカフカで厚い子宮内膜をつくるサポートをするため、卵子と精子が授精した胚(受精卵)が、「着床」することを促すと言われています。

 

また、血流がよくなるため血液で運ばれる栄養や酸素が着床後の受精卵の成長に関与するとも言われています。

ベビマチさんに人気の葉酸サプリ

こちらのベルタは、雑誌「赤ちゃんが欲しい」や「妊活スタイル」に紹介されたり、楽天市場の「マタニティ・ママランキング」で1位を取得するなど女性に絶大な支持を得ています。

【ベルタ葉酸サプリ】

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

気に入っていただけたら、ポチっとしてもらえるとうれしいです!

スポンサーリンク

この記事の著者

CONOまま

CONOまま技術系会社員

外資系企業で、技術系専門職として働く、CONOままです

夫婦で我が子の語学学習に関して、前向きに調査中

語学習得には、日本語も大切な言語のひとつ
子供とたくさんコミュニケーションすることが、日本語習得の近道と考え、布おむつ育児⇒おむつなし育児を実施中⇒おむつなし育児終了しました

2016年生まれの娘は、0歳10ヶ月から保育園へ通いはじめ、現在最年少クラスに在籍中。

当ブログは、娘の「育児・教育」及び私達家族のことについて焦点を当てたものです。

楽しんで読んでいただければ、うれしいです♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る