ペットシッターというお仕事

スポンサーリンク

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-RR152_wanko

ペットシッターというお仕事があることをご存知ですか?

東京方面では利用するのが当たり前になりつつある職業です。

目次

犬や猫を飼い主の代わりのお世話する人

飼い主がいてもいなくても

ペットシッターのお仕事は、ご自宅に飼い主がいてもいなくても、ペットのお世話することになります。

飼い主が在宅中の場合

犬や猫のお世話が出来ないことも

犬や猫の飼い主が在宅中でも、病気や怪我で、ペットのお世話が出来ないこともあります。

そんなときはペットシッターにお願いすればお世話をしてくれます。

飼い主不在の場合

犬や猫のお世話が出来ないことも

旅行や入院などで、犬や猫の飼い主がペットのお世話が出来ないこともあります。

そんなときは、ペットシッターにお願いすれば自宅でペットのお世話をしてくれます。

不安と思われる場合、カメラを付けて見張ることもできます。

不在時に家にペットシッターが来る

鍵を預けます

在宅中なら、飼い主さんが玄関の鍵を開けてくれますが、不在時は、ペットシッターさんに鍵を預けます。

「不安…」と思われたら、何度かペットシッターさんとお話をする機会を作り、信頼関係を作りましょう。

どの部屋に入っていいか、犬の場合はお散歩をさせるのか、ご飯の量など、預ける飼い主さんが不安に思わなくてもいいように、ペットシッターさんは、カウンセリングを必ず行います。

ホテルにあずける、あずけないの違い

ペットの通常が保たれる

ペットは、環境の変化についていけない場合があります。

いつもと違う環境に緊張してしまい、ご飯を食べられなくなったり、下痢をしてしまったりすることもあります。

ペットシッターに家に来てもらうことで、ペットへの負担を軽減させることができます。

ペットシッターは忙しい

1宅30分前後

ペットシッターは、1宅30分前後で、次のお宅に向かいます。

病気や毛を次のお宅に持ち込まないように、着替えをしたりと配慮もしてくれます。

利用料金

ペットの種類、大きさで料金はかわる

  • シッティング料
  • 出張料
  • 交通費

がかかります。

初回は登録料もかかります。

 

例)小型犬1匹3日(1日目夕、2日目朝夕、3日目朝)の場合

2,700円(シッティング料)+540円(出張料)+400円(交通費)=3,640円(1回のお世話)

3,640円×4回(夕,朝夕,朝)=14,840円

となる。

2匹お願いすると、シッティング料が倍になるが、出張料と交通費は1匹分と変わらない。

ペットをどうしたいか

ホテルに預けてもペットシッターにお願いしても

信頼してペットを預けられるかが問題である。

ホテル、ペットシッターどちらを利用してもペットが安心していられれば、どちらでも良いと思う。

ただし、どちらを利用しても、ペットをキチンと扱ってくれる方を見極めて選んで欲しい。

大事な家族であるペットを託す、飼い主の義務である。

シッターさんによって

犬猫以外のペットのお世話をしてくれるシッターさんもいますし、犬だけ、猫だけの専門シッターさんもいます。

スポンサーリンク

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る