絵本選びに迷ったらこれ!0歳~1歳児に贈る絶対おすすめの絵本10選

スポンサーリンク

我が子のために本を選ぶぞ!

と、意気込んで、いざ本屋さんに行ってみる!

しかし、種類が多すぎて、どれを選んだら良いかわからない…

そんな経験していませんか?

そんな時、こちらの人気本10選から選べば、間違ありません!

目次

もこもこもこ

谷川俊太郎さんの絵本。

 

独特の世界観と絵に、子供達も

引き込まれること間違いなしです。

 

全ページ試し読みが、可能なので、気になるかたは、

試し読みしてから、購入することも可能です。

 

本体価格:1300円+税

ごぶごぶごぼごぼ

駒形克己さんの絵本

 

おもしろい音の響きや、色鮮やかな色の絵本

 

言葉の解らない赤ちゃんでも、思わず笑い声が出てくる

おすすめの1冊です

 

こちらは、一部ためし読みが可能です。

 

本体価格:800円+税

いないいないばあ

松谷みよ子さんの絵本

 

動物たちとのいないいないばあを

繰り返すことにより、

赤ちゃんもいつの間にか、

「いないいなぁーい」

と言ったら、

「ばぁ」

と返すようになります。

 

こちらは、一部ためし読みが可能です。

 

本体価格:700円+税

がたんごとん

安西水丸さんの絵本

 

ゆるい感じの絵で親もほっこりさせられます。

コップや果物や動物たちが

電車が止まるたびに、

「のせてください」

という姿は、かわいくて、

子供達も、笑わずにはいられない1冊です。

 

こちらは、一部ためし読みが可能です。

 

本体価格:800円+税

じゃあじゃあびりびり

まついのりこさんの絵本

 

赤ちゃんのファーストブックとして、

大変人気の絵本です。

 

1つの見開きに1つの音。

くるまがブーブーや、水がじゃあじゃあ

など大変シンプルでわかりやすい

音と絵で表現されています。

 

また、破れにくい絵本なので、

お子さんが一人でも、めくることがでる、

絶対おすすめの絵本です。

 

本体価格:600円+税

おつきさまこんばんは

林 明子さんの絵本

 

この絵本は、おつきさまが顔を出し、

「こんばんは」

とあいさつをするお話です。

 

おつきさまが、雲に隠れたら

悲しそうな顔をし、

それを見た子供も心配そうな顔をする。

 

こんばんは、とお互いに挨拶をする

幸せを感じる絵本です。

 

こちらは、一部ためし読みが可能です。

 

本体価格:800円+税

はらぺこあおむし

エリック・カールの絵本

 

この本は、知らない人がいないのでは?

と思うくらい、定番の本ですね。

 

わざわざ、内容を語る必要もないと思います。

 

私も、この絵本で育ちました。

 

 

本体価格:900円+税

いいおかお

松谷みよ子さんの絵本

 

「いいおかおみせて」

といいながら、みんながいいおかおを

するおはなし。

ゆっくりとした、話の内容が、

子供の気持ちも、ゆったりさせること間違いなし。

 

とても、癒される一冊です。

 

こちらは、一部ためし読みが可能です。

 

本体価格:700円+税

かおかおどんなかお

柳原良平さんの絵本

 

この絵本は、いろいろな表情を

表現している絵本です。

 

かなしい顔、怒った顔、泣いた顔

いろいろな顔の表情を見ることにより、

赤ちゃんも楽しめますが、

幼児もいろいろな表情を覚えて、

それをまねてみたりするので、

長く使える1冊です。

 

本体価格:800円+税

だるまさんが

かがくい ひろしさんの絵本

 

この本も、大定番の1冊です。

 

だるまさんが…

と言いながら、だるまさんが

おならをしたり、転んだりといろいろなことをします。

だるまさんがと読みながら、体をゆらし、

だるまさんの動きを音と合わせて楽しむ本です。

 

読み方を変えるだけで、何通りもの楽しみ方ができます。

絵本選びに迷ったら、絶対こちらをおすすめします。

 

こちらの絵本、だるまさんが・と・は。

の3種類があり、特にこの本がおすすめです。

 

こちらは、一部ためし読みが可能です。

 

本体価格:850円+税

出産祝にも間違いない絵本

いかがだったでしょうか?

どの本も、定番の人気の絵本ですので、

どれを選んでも間違いはありません。

 

良い絵本の選び方は、

はらぺこあおむしのように、

昔からあるもので、増刷の多い絵本だそうです。

 

しかし、新しい絵本の中にも、

良い絵本はたくさんあります。

 

試し読みができる絵本も、たくさんありますので、

レビューと、中身を確認して、

納得の1冊をプレゼントしてあげてください。

 

その他の年齢の子への絵本で迷った場合は、↓↓↓

スポンサーリンク

この記事の著者

CONOまま

CONOまま技術系会社員

外資系企業で、技術系専門職として働く、CONOままです

夫婦で我が子の語学学習に関して、前向きに調査中

語学習得には、日本語も大切な言語のひとつ
子供とたくさんコミュニケーションすることが、日本語習得の近道と考え、布おむつ育児⇒おむつなし育児を実施中⇒おむつなし育児終了しました

2016年生まれの娘は、0歳10ヶ月から保育園へ通いはじめ、現在最年少クラスに在籍中。

当ブログは、娘の「育児・教育」及び私達家族のことについて焦点を当てたものです。

楽しんで読んでいただければ、うれしいです♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る