【5週間目後半】10ヶ月の赤ちゃんの夜泣きが再び始まり寝不足の毎日!私がとった対策は…

スポンサーリンク

IMG_5454

10ヶ月の娘の突然始まった夜泣き対応。5週間目の後半の様子です。

 

5週目の前半は、なぜか娘が1時間置きに起きるという最悪の事態に…

はっきりした原因はわかりませんが、おそらく保育園での興奮と、風邪ひき中のため咳と鼻水の不快感から、目が覚めているのではないかと思います。

風邪が治ったときに、変化がないか、期待します。

 

さて、5週目後半は、どうだったでしょうか…

目次

夜泣き対応33日目

日曜日

夫が娘を支援センターへ連れていってくれ、そこで、たくさん遊んだようで、夕食の時間まで起きていることができませんでした。

仕方がないので、17時から18時まで寝かすことにしました。

 

21時⇒夕方のお昼寝のせいで、ずっと機嫌良く遊んでいました。

カップを積んだり、重ねたりと、どんどん手先が器用になってきています。

間接照明にして、ミルクを120ml飲ませたら、すぐに寝ました。なんだかんだ言って、疲れていたのですね笑

 

4時半⇒数日前まで、1時間置きに起きていたのに、この時間まで起きませんでした。

お茶を60mlほど飲ませたら、すぐに寝ました。

 

6時⇒起床。

 

今日は、夜中(といっても、明け方)に一度しか起きなかったので、私自身も、とても寝た気がしました。

保育園がお休みの日だったので、やはり1時間置きの夜泣きは、保育園の影響が大きいのでしょうか?

夜泣き対応34日目

月曜日

夜の寝かしつけに、フォローアップミルクを使うようになり寝かしつけが、とても楽になりました。

ただし、寝室に連れて行ってから、寝付くまで、娘は自分の親指を私の鼻の穴に突っ込んで遊ぶようになりました。

注意してもわかる歳ではないので、冷静に対処します。

 

20時⇒ミルク80ml飲んで、暗い寝室に連れていったら、しばらく布団の上でゴロゴロした後寝ました。

 

3時⇒お茶を80mlほどあげて、おむつを交換したらすぐに寝ました。

 

6時⇒起床。

 

夜中の寝言で、「ばぁー。」と言いました。

以前にもこんな事がありましたが、やはり夢の中で、いないいないばぁーをして遊んでいたんでしょうか…

夜泣き対35日目

火曜日

今日保育園に迎えに行ったら、いつもだと、私の顔を見た瞬間に泣く娘ですが、全く泣かずに、笑顔で私を迎えてくれました。

保育園生活が3週間たちお気に入りの先生もできたようで、すこしずつ環境に慣れてきたようです。

 

21時⇒ミルクを120ml飲ませて寝かしつけをしている最中に、私の方が先に寝落ちしてしまいました。

 

0時⇒いつの間にか寝てしまっていましたが、軽く泣いていたので、お茶を80ml程飲ませて、おむつを交換したら、快適になったのかすぐに寝てしまいました。

 

6時⇒起床。

 

風邪が治りかけてきたと同時に、先週のように1時間置きに起きる事がなくなりました。

やはり、鼻や咳が出ることにより目が覚めていたようです。

夜泣き対策グッズ 間接照明

我が家は、娘が寝る1時間前には、夫が夕食中であっても容赦なく蛍光灯を消し、間接照明に切り替えます。

間接照明の下で遊んでいる娘は、自然に寝る時間が近づいているということを認識し始め、あくびをしだします。

 

蛍光灯の強い光は、メラトニンの分泌がうまくいかず良質な睡眠の妨げになるので、特に睡眠が大事な赤ちゃんには、良くありませんね。

 

また、間接照明は、副交感神経に作用し、気持ちを落ち着かせるため、リラックス効果があると言われています。

 

間接照明は、安価なものから揃っているので、我が子のために一つは用意することを強くおすすめします!

 

価格:14,990

5週間目の夜泣き対応を振り返り…

前半は、1時間置きに起こされ、どうなることかと思いました。

しかし後半は、夜中1回しか起きなくなりほっとしました。

保育園生活に慣れてきたのか、それとも体調が良くなってきたのか…

 

少しずつ、夜中に泣いて起きても、すぐに寝るようになってきています。

娘の夜泣き生活にピリオドがくる日は近いのでしょうか…

 

今回も、読んでいただきありがとうございました。

次回も、読んでいただければうれしいです!

スポンサーリンク

この記事の著者

CONOまま

CONOまま技術系会社員

外資系企業で、技術系専門職として働く、CONOままです

夫婦で我が子の語学学習に関して、前向きに調査中

語学習得には、日本語も大切な言語のひとつ
子供とたくさんコミュニケーションすることが、日本語習得の近道と考え、布おむつ育児⇒おむつなし育児を実施中⇒おむつなし育児終了しました

2016年生まれの娘は、0歳10ヶ月から保育園へ通いはじめ、現在最年少クラスに在籍中。

当ブログは、娘の「育児・教育」及び私達家族のことについて焦点を当てたものです。

楽しんで読んでいただければ、うれしいです♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る