【2週間目後半】10ヶ月の赤ちゃんの夜泣きが再び始まり寝不足の毎日!私がとった対策は…

スポンサーリンク

IMG_5041

10ヶ月の娘の突然始まった夜泣き対応。

2週間目の後半に入ります。

後半は、ミルクを再び与えてみました。

そして、いよいよ、保育園生活が始まります。

まだ慣らし保育の段階ですが、夜泣きリズムに変化が現れるのでしょうか…

目次

夜泣き対応11日目

土曜日

今日は、友達が家に来てパーティをしていたので、娘はお昼寝なしでした。私の経験上、お昼寝なしの日は、カンが立って、かなりぐずる事が多いので、早めにミルクを飲ませて寝かせることにしました。娘は、お風呂に入らず、そのまま寝てしまいました。

 

18時⇒ミルク120mlを飲んで寝る。

 

23時⇒泣きぐずる。夕ご飯なしで、寝てしまったため、空腹感をまぎらすために、ミルクを60ml飲ませました。飲み終わるとすぐに寝ました。

 

1時⇒お茶を80mlを飲ませ、おむつを交換すると、すぐに寝ました。

 

3時⇒泣いたり泣き止んだりを数回繰り返し、最終的に泣き始めました。ミルクを60ml飲ませたらすぐに寝ました。

 

7時⇒起床。

 

今日のように、イレギュラーな日だと、夕食を食べていないせいで、お腹が空いて泣いているのか、ただ泣いているのかわかりません。

起きた時の、直感で対応しました。

それにしても、よく起きました。

夜泣き対応12日目

日曜日

最近、娘は寝るころになると大泣きして、寝かしつけが大変になってきたので、原点に戻りミルクを飲ませて寝かせることにしました。

 

21時⇒離乳食をしっかり食べる娘なので、ミルクの量を通常の半分の100mlにして飲ませました。

しかし、すごく泣いて、なかなか寝ようとしませんでした。

寝たくないのか、眠たいけど眠れないから泣いているのか…。

私は娘が泣き疲れて寝るのを狙い、いろいろな方法で気を紛らせて寝かしつけていました。

あまりに娘が大泣きするので、夫は泣きに耐えられずミルクを追加しようと提案してきましたが、泣いたらミルクをもらえると覚えさせるのは、良くないと考える私は、ここで気持ちが折れたらいけないと思い、夫の提案を拒否しました。

そのせいで、夫とは険悪なムードに…

 

0時⇒お茶100mlを飲ませて寝かしました。

 

3時⇒お茶40ml飲ませて寝かしました。

 

5時⇒若干睡眠不足を感じた私は、娘にミルク40mlを飲ませて、寝かせました。ミルクだと、やっぱり絶対的にすぐに寝てくれます。

 

6時半⇒起床。

 

寝かせる時に、断固としてミルクの追加を拒否した私でしたが、結局睡魔には勝てず、早朝にミルクを少しだけあげてしまいました。

もう、何をしたいのか、自分でもわからなくなってきました(泣)

夜泣き対応13日目

うちの娘は、離乳食をしっかり食べるので、最近は寝かしつけのミルクはなしか、少なめで対応していました。しかし、ここにきて夫が、

「離乳食を少なめにして、寝る前にミルクをたくさんあげて寝かせてみたら?」

と提案してきました。離乳食に関しては、食べることに慣れてきたら、食事の量を増やしていき、ミルクの量を減らしていくのが、一般的なのですが、夫の提案は、それに対して逆行する形。良い提案とは思えない私でしたが、何事もやってみないとわからないので、夫の提案を試してみることにしました。

 

20時半⇒ミルク200mlを飲ませて、寝かしつけを始めました。エネルギーチャージされて、さっきまで、すごくぐずっていたのに、暗い寝室の中で遊びだしました。お腹いっぱいミルクを飲んで、ご機嫌になったようです。40分程添い寝で粘り、ようやく寝てくれました。今日の寝かしつけは、時間はかかりましたが、ぐずらなかった分、精神的に楽でした。

 

さて、ミルクをたくさん飲んだ夜中は、どうなったでしょうか…

 

2時⇒久しぶりに、21時に寝てから、この時間まで寝てくれました。たまたまでしょうか?それとも、ミルクパワーでしょうか?お茶150mlを飲ませたら、すぐに寝ました。

 

5時半⇒お茶を100ml飲ませました。でも、眠る様子もなく、泣き続けるので、起床しました。今日から保育園が始まるので、朝の準備する時間をしっかり確保することができました。

 

振り返ってみると、早起きはしましたが、夜中は1度しか起きませんでした。

これが、たまたまでなければ良いのですが…。

本日より、保育園が始まります。

まだ、しばらくは、午前中だけなので、生活は大きく変わりませんが、少しずつ何かが変わっていく予感がします…

夜泣き対応14日目

いよいよ、2週間目最終日です。

娘は、初めての保育園で知らない人達と時間を過ごしました。

まだ2時間半と短いですが、小さいながら精神的に疲れたと思います。

 

昨晩、ミルクで寝かしつけをすると、時間はかかりましたが、ぐずらずに寝たので、今晩もそうすることにしました。

ただし、娘は離乳食をしっかり食べるので、ミルクの量を昨晩より減らし、120mlにしました。

 

20時半⇒ミルク120mlを飲みしばらく遊ばしてから、布団に連れて行くと寝ました。

 

3時⇒最初寝言泣きのような感じでしたが、次第に、泣きが本格的になってきました。

お茶を100ml飲ませたら、しばらくグズグズしていましたが、自然と寝てしまいました。

 

7時⇒起床。

 

保育園でよっぽど疲れたのか、昼はご飯を食べながら寝落ちしてしまいました。

また、夜は、珍しく、1回しかぐずりませんでした。これが、保育園マジックでしょうか…?

夜泣き対策グッズ 4.ネンネトレーニング本

カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座

この本には、ネンネトレーニングに関する様々な事が書かれている、知る人ぞ知る有名な本です。

私も、以前これでネントレを実施したことがあります。

私が実践したネンネトレーニングの記事はこちら

 

赤ちゃんの、生活リズムが整えば、うまく夜も寝てくれるようになる子もいるかもしれませんね。

 

また、赤ちゃんは抱いてほしくない時があるって知っていますか?

これについても、この本に書かれているのですが、夜中に泣いたタイミングであわてて抱っこすると、逆に目覚めてしまい、眠りに戻れないために、大泣きしてしまうことがあります。

もし、夜中に泣いたとしても、すぐに何かをするのではなく、少し様子をみましょうという事が書かれています。

 

この本を読んで、赤ちゃんの生活リズムを整えてあげるのも、夜泣き解決の手かもしれません。

2週間目の夜泣き対応を振り返り…

2週間目の後半は、結局ミルクを飲ませることになり、後戻りした形になりました。

しかし、私はこれで良いと思っています。

なぜなら、夜泣きをやめさせる事やミルクを止めることが大切なのではなく、娘に安心感を与えることが大切だと考えているからです。

とは言え、ミルクを再度飲ませる形になり、卒ミルクをいったんあきらめる形になりました。

しかし、寝つきが良くなったせいか、夜の起きる回数が減ったので、このまましばらくは、ミルクで寝かしつけを続けてみようと思います。

ただし、残りのミルクがもう少ないので、来週からは、フォローアップミルクに切り替えていこうと思います。

今週も、読んでいただきありがとうございました。

来週は、ミルクをフォローアップに切り替えたり、引き続き保育園生活がありますので、どうなるか楽しみです。

来週も、読んでいただければうれしいです!

スポンサーリンク

この記事の著者

CONOまま

CONOまま技術系会社員

外資系企業で、技術系専門職として働く、CONOままです

1年半カナダに住んでいたため英語は、生活に困らない程度で話せます
夫もそこそこ英語を話すため、夫婦で我が子の語学学習に関して、前向きに調査中

語学習得には、日本語も大切な言語のひとつ
子供とたくさんコミュニケーションすることが、日本語習得の近道と考え、布おむつ育児⇒おむつなし育児を実施中⇒おむつなし育児終了しました

子育ての合間に、いろいろとブログを書かせていただきます

楽しんで読んでいただければ、うれしいです♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る