優しい布団で幸せな子供を育てたい

スポンサーリンク

photo-baby-boy-sleep-bed-cute

おばあちゃんが縫ってくれた布団と

おばあちゃんが買ってくれた毛布で

子供のころから今でも実家に帰ると

私は幸せに眠ります

その愛情に包まれた心持ちで眠る睡眠を

私は子供につなぎたいと思います

 

目次

人生の3分の1を布団の中で過ごす

一般的に人は1日24時間の内の8時間は眠っています

赤ちゃんだと多い子は20時間寝ているかもしれません

それ程に長時間過ごす睡眠の質を高めたいと思います

音、光、香り、肌触り

この内の肌触りで深く心地よい眠りを簡単に手に入れたい

子供には幸せな気持ちで寝ていてほしい

良い睡眠には部屋の音や明かりは必要最小限に抑える

良い睡眠を取るためには、

小さな音や小さな明かりがあると良いそう

ご先祖様が睡眠時は外敵から身を守るため

焚き火をしていた

これが本能に刻まれているからだそうです

焚き火のかすかにパチパチという音やほのかな火の光で

安心して寝ていたからです

保育園のお昼寝布団は数年使うから丈夫なことも大事です

「保育園の布団は使うにつれてぺらぺらになっていく」

と親戚が教えてくれました

床暖房が付いてるから寒さは気にしなくていいとしても

床の硬さが子供の体に与える負担は和らげたい

お友達とたくさん遊んで疲れたら

優しい布団に包まれて眠りについてほしい

肌に触れるものはふんわり優しい仕上がりにしたい

お布団が丈夫なのはもちろんで

毎週洗濯しても6年間は

ふんわりふっくらしていてほしい

毎週持ち帰り洗濯するので

布団の中綿を傷ませやすいかもしれない

でも母の手洗いで

愛情がたっぷり伝わるはず

今伝わらなくても、

私のように後になって気づくかも

きっといつか気づいてくれるはず

スポンサーリンク

この記事の著者

さっちん

さっちん会社員

アラフォーで結婚、出産し、家族みんなで元気で幸せに暮らしてます。
田舎育ちのため都会的で便利な生活に憧れてましたが、
最近は自然に沿った地球に優しい昔ながらの暮らしがしたいと思ってます。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る