初心者のモンテッソーリ教育の実践☆

スポンサーリンク

IMG_1604

私がモンテッソーリ教育を知ったのは、双子が保育園に行き始めた1歳3ヶ月ごろ。


妊娠中に勉強したかった…

遅まきながら、勉強し実践してます。

目次

モンテッソーリ教育…理想論じゃ…(-_-)⁈

モンテッソーリ教育を少しずつ勉強し始めて、どんどん深まる疑問…

騒がしく動き回り、絵本への集中時間も数分の双子にこれができるのか>_<⁈

というほど”整然”としたモンテッソーリ教育。

同じ気持ちの親ごさんはたくさんいるはず!

ごくごく一般的な家庭での実践でどこまでいけるのか…

モンテッソーリ教育実践☆途中経過☆

実践前の双子のようす(1歳半ごろ)

絵本は思ったより集中が長いなと思っていたのですが、走ることがスムーズにできるようになるとせいぜい2,3分しか本に向かわなくなってました。

指先を使うボタンやジッパーなどは、わたしが着ている服でやりたがった時にさせる程度。

お絵かきは、誘うとしばらくは書きなぐったり。

ブロックも誘って作ってみせるとしばらくはそれで遊ぶ。

まだ、集中したり自分から創造したりということはありませんでした。

シール貼りと洗濯バサミ

とりあえずとっかかりとして、シール貼りと洗濯バサミを。

モンテッソーリ教育に興味を持って調べ始めると、この2つの作業が一番目につきます。

準備がしやすいからかも知れないですね。

この時すでに1歳10ヶ月。

シール貼りは保育園で始まっていたり、洗濯バサミは以前から噛んで遊んでいたりで新鮮味なく、誘わないと使ってもらえず…

すでにそこそこ獲得したものには、集中しにくいということでしょうか。

タイミングを逃したパターンですね。

 

進化版シール貼りと紐通し

その後子どもの成長に追いつこうと、本を読んだり自宅でモンテッソーリ教育を実践している人のブログを参考にしたり。

理論の理解には本がいいのですが、実際の作業の内容や準備について書いてある本が今の所みつからないので、実践している人のブログを拝見するのがわかりやすいです。

 

なかなか、双子の特性に合わせた手作りが難しい。

次女がまだ何でも口に入れてしまうので、というよりはそれを見たじーちゃんがキレるのが困るので、口に入れても大丈夫そうなものや入れられなさそうなものを考えて、材料を探し、実際に作り、使ってみてまずいとこを手直しをしたり…

時間かかる…

すぐにできる改善として、難易度を上げることに。

シール貼りのシールを小さくして、貼る台紙の丸も小さくしました。苦肉の策。

新たな作業として、紐通し。

紐通しも家にあるものですぐに準備できました。

が、調整に数日かかりました。

 

紙袋の取っ手になってた紐の端を、ビニールテープでくるくるときつめに止める。

ストローは、次女が口に入れても喉までいかないように長め(3㎝からい)に切ったのですが、紐の端がなかなか出てこないので最初にしては難しいようで、結局短くしたので目を離せなくなりました(-_-)

ペンネの穴の大きさは、準備した紐の太さギリギリでしかも味が染みるように溝がついてたのがひっかので、別の作業に転用しました。

ストローも紐の太さギリギリなのが作業しづらそうだったので太めのものに変えたりと、なかなかすぐにはうまく使えませんでした。

お子さんの手指の動かし方に合わせて太めの紐を選び、それを持ってストローの穴に照らし合わせて買うのが手っ取り早いです(-_-)

 

 

月齢や年齢にこだわる必要はなさそうですが、やりたい!という本人の衝動にタイミングよく応えたいモンテッソーリ教育。

手作りは何かと準備に時間がかかり、あっと言う間に1週間過ぎてたり…

衝動も成長もタイミングを逃してしまった(T_T)

節約、効率が信条ですが、こればかりは自宅のあり合わせよりも買い揃えるなど、時間を優先したほうがよさそうです。

先取りで準備しないと…

今のこの衝動に!と思ってから準備しだすのでは間に合わない>_<

導入して半年。

ごくごく一般的な家庭の双子に進展があったのか、進化版の作業具合や新しく取り入れた作業など、また報告します^_^

オススメのモンテッソーリ教育の本

簡潔、読みやすい^_^

モンテッソーリ教育というものがあると知り、深く知りたいけど難しいのはちょっと…

という段階にちょうどいい本でした^_^

これでさらに興味が強くなりました。

疑問がわいてくるころに^_^

実際に自宅でやろう!

と思って動き始めると、疑問がどんどんわいてきます。

ほんとにそんな上手いことできるー(>_<)⁈とか

遅かったかな…とか

こちらは、そういう時に気持ちを落ち着けてまた頑張ろうと思えた本です。

色んな親子の試行錯誤がかいまみられます。

 

スポンサーリンク

この記事の著者

やさぐれ仏師

やさぐれ仏師

仕事→整体師
家庭→双子の母
趣味→始めたばかりの仏像彫刻、読書、

めんどくさがりの性格を活かし(?)、仕事、育児、家事、趣味、全てにおいて効率を追い求める整体師です。
色々な場面で試行錯誤してきた効率up法を、思い出すままに綴ります。
現在、双子育児を心身ともに軽やかに乗り切るため、様々な勉強・体験を通し、目下ふにゃふにゃの柔らかな身体を目指しております。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る