決算安売りのこの時期に購入!後回しになりがちな加湿器、何を重視する⁇

スポンサーリンク

IMG_2410

冬に引き続き、春もまだまだ乾燥が気になる季節ですね。


冬はエアコンなど暖房で電気代がかかるので、後回しになりがちな加湿器。

安くなるこの時期に買っちゃおう^_^

目次

洗濯物でどんだけ加湿できる⁇

節約のために、就寝時は洗濯物を干すことで加湿を日々試みてきました。

 

最初は、体感だけでやってました。

湿度計を使うようになって実感したのは、肌の感覚はあてにならないということ。

 

体感では、洗濯物だけでそこそこ加湿できた!と感じるのですが、日によって子どもの喉の調子は優れない…

湿度計で数字が見えるようになると、体感はともあれやはり数字が低いときに咳が出たり痰がからんだりする。

 

そして乾燥注意報がでるような季節になると、どんだけ干しても湿度が上がらない!

しまいには、汚れていないバスタオルまで洗濯機に入れて洗濯量を増やすしまつ(笑)

 

湿度は、建物の機密性や材質・温度が低いとより乾燥して感じるなど様々なものが影響するそうなので、やはり機械に頼ってみます。

加湿器は何を重視する?

”静かさ”重視の加湿器

水に細かな振動を与え、霧状にして空気中に噴霧する超音波式のものが1番静か。

フィルターに水を含ませ、風を当てて気化させる気化式は音が大きめ。

”清潔さ重視”の加湿器

スチーム式は、水を直接ヒーターで加熱して蒸気を出すので清潔さでは1番。

超音波式はカルキ類や雑菌が噴霧されることも…。

”効率”重視の加湿器

消費電力が少ないのは、気化式と超音波式。

加湿スピードの速さで選ぶなら、気化式でも温風を使うものがいいそうです。

他にも、

  • 給水のしやすさ
  • フィルターなどの手入れのしやすさ
  • タイマーの有無
  • 吹き出し口が熱くならないか

などもチェックしておきましょう。

 

高機能、いわゆるハイブリッドの加湿器が人気を上げてきているようで、予算に余裕があれば清潔さも自動の湿度調整も兼ね備えた、楽ちん安心なものも選べます。

参考までに、我が家の場合

  • 6畳ほどの和室
  • 大人2人と双子の就寝時に使う
  • 双子の姉だけさらに加湿したい
  • 洗濯物は干し続ける

の4つを考慮してこちらを買いました。

とにかく”清潔さ”重視のスチームタイプ。

吹き出し口が熱くなるのが心配でしたが、双子が起きるころには止まっていそうな稼働時間の短いもの。

洗濯物と加湿器併用してみた結果☆

単刀直入に、よかったです!

1月半ばから、これ以上干すところがない!というくらいに洗濯物をつるしても理想の湿度までいかない日々でした。

通常の洗濯物量だけだと理想の湿度まで10%も足りない。

その状態で、とりあえず500mlのペットボトル約1本分でる2時間稼働してみました。

それだけで理想の湿度に(>_<)!

その後、朝まで追加せずに湿度は持続しました。

 

難点は、思ったより吹き出し口が熱いことだけ。

この距離で、そこそこ熱い。

沸騰してるから当たり前か…

止めるとすぐに冷めるので、その間だけ要注意です。

 

 

わたしが住んでいる北陸は乾燥も強く、春の夜はまだかなり冷え込みます。

この悪条件の中でこの小さな加湿器がこれだけ機能を発揮するのなら、大概のところはハイブリッドじゃなくてもいいのかも…?

スポンサーリンク

この記事の著者

やさぐれ仏師

やさぐれ仏師

仕事→整体師
家庭→双子の母
趣味→始めたばかりの仏像彫刻、読書、

めんどくさがりの性格を活かし(?)、仕事、育児、家事、趣味、全てにおいて効率を追い求める整体師です。
色々な場面で試行錯誤してきた効率up法を、思い出すままに綴ります。
現在、双子育児を心身ともに軽やかに乗り切るため、様々な勉強・体験を通し、目下ふにゃふにゃの柔らかな身体を目指しております。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る