飲み込むのが苦手な子に^_^カンタンおすすめ離乳食☆

スポンサーリンク

IMG_1600

双子の次女は、産まれた時から吐きやすくて離乳食もトロトロしたものからなかなか進めませんでした。

色々ネットで検索してみるものの、次女には難しそうなものばかり>_<

毎日3食とオヤツ。一口でも多く食べて欲しいのが母親の気持ちですよね。

目次

なめこ^_^

生後7,8カ月の時から食べられるなめこ。

双子の長女も次女ほどではないにしろ、標準よりゆっくりめに進んでいたので、なめこを取り入れたのは1歳をだいぶ過ぎてから。

大人の感覚で便秘にいい食べものを、飲み込むのが苦手な子に初めて使うのはとてもこわいですよね(-_-)

毎日様子を見ているお母さんは、わずかな子どもの成長を感じて「ん?もしかしたらそろそろ食べられるかも⁇」という瞬間に出会うと思います。

まだ早かったな〜という体験もありましたが、やっぱり食べられた!という時も確かにあったのです。

目安は自分の感覚でしかなかったなあ。

 

最初は、2人とも「かさ」の部分だけを細かく刻んでお味噌汁に。

慣れて来たら長女には大きめに刻んだり、「かさ」の部分をそのまま入れたり。

次女もだんだん刻みを大きくしていきました。

刻み方も変えやすく、もともととろみがついていて、火も通しやすい

もっと早く使えば良かったと思うくらい、使い勝手が良かったです。

写真は山なめこ^_^

通常よくみる小ぶりのなめこより風味もよく、「軸」の部分も食べられるようになった時にお気に入りでした♪

 

ポタージュ^_^

写真はゴボウのポタージュ。

我が家にはミキサーがなかったので、ばーちゃんがある日作って来てくれたカボチャのポタージュに2人は大喜び^_^

アゴの発達のためとしては逃げになるかな…(-_-)と思ったりもしましたが、他の歯ごたえのあるメニューと組み合わせたりしながら、栄養確保にとても助かりました。

 

豆腐は豆腐でも…^_^

こちらはミキサーで撹拌しただけの豆腐。

NHKの「ためしてガッテン 超濃厚! 豆腐ニューワールド」で見たという、これまたばーちゃんのお手柄。

豆腐に飽きてきていて、レパートリーに困っていたわたし。

食べるかな〜?と出してみると、うれしそうに食べました^_^

舌触りがいつもよりはるかに滑らかになるのと、豆の甘みが格段に濃くなるのとで新鮮だったようです。

 

いつから食べられるようになるのだろう…と毎日3食にオヤツと気が気じゃない。

肉なんて魚なんて食べられるようになる日がくるのか⁈なんて>_<

2歳になった今も、まだ次女はお肉がまだあまり噛めません。

これからもたたかいは続くでしょう。

悩めるお母さん、一緒にがんばりましょう^_^

や、がんばりすぎずに出来るだけ楽しく。

スポンサーリンク

この記事の著者

やさぐれ仏師

やさぐれ仏師

仕事→整体師
家庭→双子の母
趣味→始めたばかりの仏像彫刻、読書、

めんどくさがりの性格を活かし(?)、仕事、育児、家事、趣味、全てにおいて効率を追い求める整体師です。
色々な場面で試行錯誤してきた効率up法を、思い出すままに綴ります。
現在、双子育児を心身ともに軽やかに乗り切るため、様々な勉強・体験を通し、目下ふにゃふにゃの柔らかな身体を目指しております。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る