『履歴書はドラマ』「私の履歴書」のつくり方〜送る〜

スポンサーリンク

IMG_7169

さぁ、「私の履歴書」が完成しました。
お疲れ様でした。

で、これをどうしますか?

持参しますか?
送りますか?

その時、「履歴書」をどんな風に扱いますか?

履歴書の送り方、相手への届け方についてお話しします。

目次

「私の履歴書」の送り方。

送付に必要なアイテム。

履歴書を送る際に必要なのは、

 

・履歴書(必要であれば職務経歴書)

・A4クリアファイル(もちろん新品のキレイなもの)

・A4サイズが入る「白い」封筒

・送付状(添状)

 

念のため言っておきますが、

履歴書は折りたたまない。

これ、鉄則。

 

履歴書を買うとついてくる長い封筒(三つ折りで入れる仕様になっているもの)は使いません。

 

自分が折りたたまれるって、気持ちよくないでしょう?

受け取る側も、折りたたまれたあなたと会うより、

まっすぐなあなたと向き合いたいと思うのですよ。

添え状を書く

添え状は「送り状」。

まさか、履歴書だけをポーンと送ったりしませんよね?

 

直接持参する場合(面接等で手渡しする場合)を除いて、

郵送する場合には「添状」が必要です。

 

「添状」いわゆる「送り状」です。

 

これこれこういう理由で「履歴書」を送付しますので、よろしくお願いします。

みたいな内容を書いて添えます。

 

白い無地の便箋か、A4サイズの白紙に書きますが、

縦書きで丁寧に書きます。

この時使うのは、履歴書を書いたのと同じ「黒ボールペン」。

下書き必須ですよ。

文面はどう書く?

よくある文面は、こんな感じ。

 

「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度はハローワークにて御社の求人を拝見し、選考の機会をいただきたく、応募しました。

つきましては、履歴書と職務経歴書を同封いたしますので、ご高覧の上、面接の機会をいただければ幸いでございます。 敬具」

 

こんな風に書ければ完璧ですが、

ここまで堅苦しくなくても、

 

「お世話になります。

この度はハローワークにて御社の求人を拝見し、選考の機会をいただきたく、応募しました。

履歴書と職務経歴書を同封しますので、ご検討いただき、面接の機会をいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。」

 

大体の場合、求人を見ただけで履歴書を送るなんてことは、無いと思います。

 

まずは、電話連絡を入れたり、ハローワーク担当者から問い合わせてもらったり、WEBで事前登録したり、

何かしら事前のアクションはあるわけですよ。

 

定番の堅苦しい文面も、決して間違いではないし、いいのですが、

礼を欠かないことを前提に、人間味が、体温が感じられる柔らかさであってもいいと思います。

 

少なくとも、私は、礼を欠かさずシンプルに要件が伝わる文章が好き。

受け取る側も人間ですからね。

PCでも手書きでも、どちらでもいいので、

丁寧に書いて欲しいなぁ。

新品のクリアファイルに収める。

そして、添状、履歴書(あれば職務経歴書)を、

新品の、

無色透明の、

A4サイズの、

クリアファイルに入れます。

 

何かのおまけで付いてきたファイルや、見た目キレイでも使用済みのファイルは使わないように。

 

ピンクとか黄色とかブルーとか、色付きもNGです。

 

こんなこと一つにも、あなたの姿勢が現れます。

白い封筒で送る。

白い角封筒を準備する。

で、封筒です。

「角2号」というJISサイズの「白い」封筒を使います。

 

お願いだから「100円均一」は使わないで。

紙のクオリティは触ったら瞬間にわかる。

自分の職業を決めようとする時に、

ここケチってどうします!?

宛名を書く。

封筒に宛名を書きます。
必須アイテムは「黒サインペン」と「赤サインペン」。
もちろん「油性」で。

 

指定された宛先を丁寧に書きます。

手書きです。

縦書きです。
封筒の左下に「履歴書在中」と赤で書き、四角く囲みます。

この囲みは、定規を使ってオッケーです。

 

字の上手い下手ではありません。

どれだけ丁寧に向き合っているか、です。

 

まさか、PCのラベルを打ち出して貼ったり・・・・してませんよね?

封筒の裏面には、自分の住所氏名を、やっぱり丁寧に書きます。

丁寧に。

封入封緘。

封入封緘。

この封筒に、履歴書ファイルを入れます。

 

履歴書ファイルは、宛名側に正面が来るように。

証明写真を貼った側が上に来るように。

気をつけて入れます。

 

そして、封をします。

セロハンテープは使わない。

ガムテープなんてもってのほか。

「のりづけ」です。

そして、のりづけた封筒の真ん中に「〆」と記入。

 

完成です。

郵便局の窓口で送る。

送る

履歴書の入った封筒を持って郵便局の窓口に行きます。

 

窓口に行かずにポストインすると、せっかくの封筒が折れたり曲がったり濡れたり、不測の事態のリスクが伴います。

 

料金は140円程度ですが、

窓口だと送付料金も確認でき、

料金不足で先方に迷惑をかけたり、

料金不足のために受け取りを拒否され、差し戻されたりすることもありません。

あなたの人生に関わる大事な書類ですから、

できれば簡易書留で送るくらいでちょうどいいと思います。

 

受け取る側も、「書留」という文字で気が引き締まる思いになります。

 

メール便や宅配便で送ろうとする方もいますが、

そもそも履歴書は「一般信書」という郵便物に分類されています。

「郵便法」という法律の中で、

「一般信書は、総務大臣の許可を受けた信書便事業者しか配達できない」と定められていて、

この許可を受けている事業者は「日本郵便」だけなんです。

普段、何気なくやってしまいがちなことなのですが、

ここはしっかり「郵便輸送」で。

ここに繋がるのは、送り手と受け取り側の「信頼」です。

人事部のつぶやき

人事部のつぶやき」

これってさぁ・・・・と、絶句してしまう履歴書が届くことは珍しくありません。

手にするたびに、残念だなぁ、と思います。

せっかく送ってくれるなら、ちゃんと送って!と思います。

 

こんなコーヒーのシミついた履歴書、ツライわ~(泣)

書き間違いをそのままに、二重線で消してあったり、

訂正印押せばいいってもんじゃないですぅ〜(泣)

手書きの、履歴書の、「コピー」って何?

シワだらけって、悲しい。

 

今日も今日とて、履歴書が届く。。。。。

 

「恋する履歴書」に会いたいなぁ。

 

 

恋する履歴書 (字幕版)

スポンサーリンク

この記事の著者

高虎まみ

高虎まみキャリアアドバイザー

がるこね社 人事部 キャリアアドバイザー

「履歴書」はドラマです。
主人公は自分自身。
このドラマをハッピーエンドにするのも、波乱万丈にするのも自分次第。
あなたはどんな働き方をしたいですか?

がるこね社流「私の履歴書」のつくり方をご提案します♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る