『履歴書はドラマ』「私の履歴書」のつくり方〜清書〜

スポンサーリンク

IMG_0902

さあ、いよいよ本書き、清書です。
選んだ紙とペン、ちゃんと撮った写真、そして下書きを用意して、実書していきます。

目次

履歴書を実書する。

【過去記事】用紙の選び方

綺麗に拭き上げたテーブルの上に、
選んだ「 履歴書用紙」を広げて置き、
選んだペンで書いていきます。

 

『履歴書』はドラマ〜『私の履歴書』のつくり方〜 ②履歴書用紙をどう選ぶ?

【過去記事】筆記具の選び方

『履歴書はドラマ』〜『私の履歴書』のつくり方〜 ③筆記具も選ぶ

履歴書の字は丁寧に書く。

字は上手いとか下手とかではなく、
いかに丁寧に書かれているか、が大切です。

ちゃらちゃらっと書いた字、適当に流した字、
いい加減な気持ちで書いた字は、
「伝わります」。

一生懸命書いた字、丁寧に書かれた字、
きちんと向き合って書かれた字も
「伝わります」。

この会社にどんな気持ちで向かい合ってくれているか、
どんな気持ちで応募してくれたか、
受け取る側には分かるんです。

履歴書は大いなるメッセンジャー。

届けられる履歴書は、あなたの分身です。

あなたの想いと意欲を伝えに来てくれています。

この一枚の「履歴書」で、あなたが伝えたいことは何なのか、
よくよく考えてみてくださいね。

 

ある意味、履歴書はあなたの「分身」です。
あなたの大いなるメッセンジャーなのですから。

履歴書を仕上げる。

写真を真っ直ぐに貼る。

さて、きれいに書き上がりました。

 

書き間違いがないか、書き漏れがないか、
最終的にチェックします。

チェック終われば、

写真を貼ります。

 

まがらないように、

真っ直ぐに貼ります。

 

写真を貼ったら、

おめでとうございます!

完成です。

【過去記事】写真

『履歴書はドラマ』〜「私の履歴書」のつくり方〜④写真

人事部のつぶやき

4月になりました。

桜も咲きました。

新しい年度もスタートして、

さあ、今年はどんな出会いがあるのかな、と思ったりしています。

 

私の手元に届く「履歴書」との対話はエンドレス。

どの一枚も大切にしています。

 

あ!郵送する時の注意事項を次回!

これがまた。。。。。

スポンサーリンク

この記事の著者

高虎まみ

高虎まみキャリアアドバイザー

がるこね社 人事部 キャリアアドバイザー

「履歴書」はドラマです。
主人公は自分自身。
このドラマをハッピーエンドにするのも、波乱万丈にするのも自分次第。
あなたはどんな働き方をしたいですか?

がるこね社流「私の履歴書」のつくり方をご提案します♪

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る