老後の生活費っていくら必要なのだろう?

スポンサーリンク

%e3%81%b6%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e8%b2%af%e9%87%91%e7%ae%b1

働けるかうちはいいけれど、歳を重ね、働けなくなったらどうなるのだろう?
と、老後の生活費っていくら必要なのだろう?と頭に浮かんだ。


で、計算してみた。
思っていた金額より多いことが分かってビックリΣ( ̄□ ̄|||)

実感なかったけど、計算すると現実味がある。

目次

質素に暮らすことをイメージして考えてみた

夫婦2人分で考える

65歳で定年になった場合、20年後の85歳で亡くなると仮定。
夫婦2人1か月質素に過ごすために使う金額を月20万円と仮定。
月20万円×12ヶ月×20年=4,800万円
退職金で4,800万円もらえますか?

 

※この金額は、生活費のみで計算してあります。

退職金が3,000万円だったら①

1,800万円足りない分を「年金」でまかなう

では、別の方法を考えてみましょう。

退職金3,000万円もらったとして、残りの1,800万円年金でまかなうとすると

1,800万円÷12ヶ月÷20年=75,000円
年金は2か月に1回なので、150,000円となります。
年金はどんどん減らされている現在。
ご自身が年金生活になった時
・3,000万円の退職金+2か月に1回の年金は150,000円
もらえそうですか?

退職3,000万円だったら②

1,800万円足りない分を「年金」と「バイト」でまかなう

では、別の方法を考えてみましょう。

退職金3,000万円もらったとして、残りの1,800万円分を年金とバイトでまかなうとすると

1,800万円÷12ヶ月÷20年=75,000円
年金は2か月に1回なので、150,000円となります。
年金が月5万円と仮定し、2か月で10万円。
足りない5万円(月25,000円)をバイトで稼ぐ。
85歳まで働けますか?
85歳まで働かせてもらえるところはありそうですか?

>家族がよろこぶ節約アイデア三才ムック vol.734【電子書籍】[ 三才ブックス ]

価格:432円
(2017/2/15 16:34時点)

退職金2,000万円だったら①

2,800万円足りない分を「年金」でまかなう

では、別の方法を考えてみましょう。

退職金2,000万円もらったとして、残りの2,800万円年金でまかなうとすると

2,800万円÷12ヶ月÷20年=約117,000円
年金は2か月に1回なので234,000円となります。
年金はどんどん減らされている現在。
ご自身が年金生活になった時
・2,000万円の退職金+2か月に1回の年金は234,000円
もらえそうですか?

退職金2,000万円だったら②

2,800万円足りない分を「年金」と「バイト」でまかなう

では、またまた別の方法を考えてみましょう。

退職金2,000万円もらったとして、残りの2,800万円分を年金とバイトでまかなうとすると

2,800万円÷12ヶ月÷20年=約117,000円
年金は2か月に1回なので、234,000円となります。
年金が月7万円と仮定し、2か月で14万円。
足りない94,000万円(月47,000円)をバイトで稼ぐ。
85歳まで働けますか?
85歳まで働かせてもらえるところはありそうですか?

死ぬまで働かなければならないのです。

>家族がよろこぶ節約アイデア三才ムック vol.734【電子書籍】[ 三才ブックス ]

価格:432円
(2017/2/15 16:34時点)

そもそも退職金がもらえるお仕事をしていますか?

派遣、パート、自営業、自由業...etc

「元気で、働けるうちにたくさん稼いで貯金しておこう!」
と思って実践している人はGood☆

若いうちは、遊びたいし、旅行も行きたいし、結婚すると何かとお金必要だし、子ども出来れば貯金どころではないかもしれない。

そんなこんなで、何の貯えもなく40代、50代に突入。
それから貯金始めて貯まるかなぁ?

「市町村で生活保護してもらえばいいんじゃない?」
と思っても、自分と同じことを考えている人が山ほどいたら保護なんてしてもらえるけないし。

そもそも年金がもらえるのか?

もらえても、お小遣い程度だったら、どうやって生活をしていけばいい?

色々考えることがあって、調べてみた。
現実、退職金がもらえるかさえ、危うい・・・(*_*;

「老後難民」にならないために、今から始めなきゃだよ!!

と自分に言い聞かせているのであった。

スポンサーリンク

この記事の著者

wan-H

wan-H愛犬Love

犬バンザイ!!
愛犬と過ごし早7年。
愛犬の仕草に癒されている飼い主Wan-H。
まだまだと思っていても、シニア期に突入の愛犬と共に年を重ねていける幸せをかみしめている今日この頃。

この著者の最新の記事

関連記事

北陸女子のためのコミュニティスペース ●北陸ガールズスクエア●

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る